2009年08月30日

『1Q84』

1q84.jpgここのところ移動が多かったのですが村上春樹さんの小説を片手だと苦にならないというか、ある種の幸福感も感じます。

さてこの話題の書、ブログも含めていろんなところでたくさんの感想や批評が書かれていることと思います(〜今、試しにブログだけの検索でも50万件、、最新の建築評論にも引用されていました)。

今までは村上春樹はあまり読まなかった妻も読んだので、読後に少し話をしていていました。僕が「今回のは何だか直接すぎて解り易す過ぎるな〜」などと感想をもらしたのですが、逆に指摘されて、、、

“僕はどうも一番肝心なところを読みはずしてしまっていた!?”
ことに気づかされました。本当はどうなんだろう? この部分については他の人とも「どのように読んだか」をお話してみたい気持ちになっています。。

http://oku-mura.sblo.jp/article/22012319.html
http://oku-mura.sblo.jp/article/21840826.html

posted by がは at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) |