2011年10月04日

天然木 無垢 一枚物 の大きなテーブルを作る その1

長さ3M、かなり大きめのダイニングテーブルを新しいうちに入れる計画になっていました。いわゆる家具メーカーのテーブルも候補にあったのですが、やはりかなりのお値段。いろいろショップを見て廻ったり、一からのオーダーとの価格差等などを比較検討してゆくと、やはり天然木から選んでの特注物の方がずっといい、との判断となりました。

moku_table_1.jpg
クライアントと共に木場へ。接ぎのない一枚ものを扱う材木屋を紹介してもらったり、自力で探したりしたのですが、やはり木場は圧倒的でした。この倉庫はプロ用の展示場ですが、ここの木の存在感は半端ではないですね。

moku_table_2.jpg
たくさんの樹種、候補となる板を見せて頂きました。長さが足りなかったり、幅が採れなかったり・・・値段が一桁違うとんでもない高級品だったり、木目がイマイチだったり・・・選ぶのも大変ですが木との出会いが一期一会的なところがあって、非常に面白く興味深いものでした。

moku_table_3.jpg
大きな展示場で見る板のスケール感は住宅の中で見るのと相当の差が出てしまうため、失敗しないように次のステップでは実際に工事中の現場で大きさを確かめます。

つづく


posted by がは at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 家具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48321948

この記事へのトラックバック