2011年03月27日

模型展示のお知らせ @新宿OZONE



地震から半月、何万人もの犠牲者伝えるニュース。

一括りに何万という数は震災の規模を表すけれど、
実態は犠牲になった人に加えて、生き残った人それぞれの
壮絶な経験と深い悲しみの何十万もの重なり。
近しい人の死は何万分の一という訳にはいかない。

ひとり一人の被災にふれた時のいたたまれない気持ち。
連日の新聞テレビのふとしたレポートで
何度も涙が出そうになる。

巨大な地震と津波被害に対する言葉を失うような
感情とは明らかに違う原発事故へのやるせなさと
憤りがさらに追い打ちをかける。

自然の驚異的な破壊力へは拡散するような無力感を、
原発へは一点に集中してゆくような強烈な憤りを。
天災と人災の違いは文句を言う相手の有無にあるからか。

ただこういう問題の常として怒りの矛先は単純に見えない。


〜〜〜〜〜
さてちょっと【展示のお知らせ】

Oval Panel House】の模型とパネルが新宿
「リビングデザインセンターOZONE 5階特設会場
建築家100の模型展」に展示されています。展示は3月末までの予定でしたが好評につき5月10日まで延長され、そのまま東京ビッグサイトの「スタイルハウジングEXPO」に巡回展示予定です。

この展示は【All About】でも紹介されましたが、中でも拙作【Oval Panel House】などのスケルトン模型が好評で特別に写真付きで紹介頂いています。

kujo model-2.jpg


一度にたくさんの建築模型を見ることができますから、興味のある方は足を運ばれてはいかがでしょうか!?

【関連記事】
http://oku-mura.sblo.jp/article/21255861.html?1301206040
【Oval Panel House】
http://oku-mura.com/08_oph/oph_01.html
【All About】
http://allabout.co.jp/r_house/gc/377129/
〜〜〜〜〜


ツイッターで廻ってきた【I LOVE SNOW One's Handsプロジェクト】の呼びかけに賛同しスキーウェアの提供に協力した。妻はこの仕分けボランティアにも参加、僕も行こうと思ったのだがあいにく行けなかった。

posted by がは at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44010032

この記事へのトラックバック