2011年01月10日

深谷ねぎの木口焼き

fukaya_negi_1.JPG年末に【深谷ねぎ】を頂いた。有機農法で生産者名入りのとても立派なネギを段ボール箱に一杯。使いごたえのあるとても嬉しい贈り物。お鍋や炒め物など普通の食べ方以外に何かいい方法はないものかと思案していました。

fukaya_negi_2.JPG
アルミホイルで強く巻き付け、さらに凧糸で縛ってから、輪切りにします。上下に軽く塩をしながら鉄板で焼いてみました。【白菜のステーキ】という料理をまねたようなものですが、【ネギのステーキ】は、ちと大げさ、【木口焼き】ぐらいの名前がよさそうです。(ちなみに右横はイカ、ワタ、ネギのホイル焼き、八丁味噌風味)

fukaya_negi_3.JPG
ま〜半分お遊びの料理、普通に側面を焼いたネギと比べてみると・・・

これがはっきりと分かるぐらいの違いが出て、ちょっとびっくり。普通に側面を焼いたネギに比べると明らかに【木口焼き】の方が柔らかく、味を閉じ込めた感があるような。「白菜のステーキ」と言う料理では、ホイルが煙突、オーブンのように働くと説明されていました。これならネギを5本、10本と巻いても良さそうで、そうしたら【ステーキ】って名前でも負けないかも。。

fukaya_negi_yaki.JPG


お好み焼きも、全部ネギにしてみましたが、写真ではキャベツと何にも変わりませんね!


posted by がは at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42489452

この記事へのトラックバック