2009年11月26日

建築模型の処分

model photos_1.jpg
建築模型を思い切って処分することにしました。模型には作った時の思いもこもっているし、時間もかかっているし、なかなか捨てられずにいたのですが・・・山ほどの模型の置場に困り。

model photos_2.jpgプレゼンテーション用の模型もあるしスタディー用もあります。中には建て主さんに見せていないものもたくさんあります。

どうも建て主さんは、【CG】の方が分かり易くて、伝わり易そうに感じる時もあるのですが、手間はかかっても、模型には【CG】では得られない視点があり、検討、試行錯誤のし易さがあります 〜でき上がりをそれらしく見せるだけではなくて。たぶん模型を実物として見る訓練というか習慣が身に付いていて、もしかしたら建て主さんの感覚と少しずれているのかも知れませんが。

model photos_3.jpg模型を作りながら、
あ〜でもない・・・!?
こ〜でもない・・・?!
と検討していると、実際の建物が建ち上がった時に既視感、デジャヴのような感覚を受けることがあります。自分が小さくなって、設計時に検討を重ねていた模型に入り込んだような。


あとは重松清さん著の『定年ゴジラ』!?

posted by がは at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33871809

この記事へのトラックバック