2009年11月22日

ふじい庭苑さん 庭石の移動

ys_niwaisi_1.jpg庭石が新築の建物に当たってしまうため庭石を移動。旧い昔の石は靴脱ぎ石でも薄く割っていないため深く埋まっています。




ys_niwaisi_2.jpg重機の入りづらい場所でもあったため
【三又】と呼ばれる昔ながらの道具で持ち上げます。












ys_niwaisi_3.jpg

【三又】がメシメシと音をたてながら3ton 弱の大きな石が持ち上がり・・・重力に抗すると言うのは何とも迫力があります。

ys_niwaisi_4.jpg藤井会長の指示で石を裏返し。今回は「靴脱ぎ石」ではなく「景石」での利用を考えて。石は【甲州鞍馬石】戦火をかぶって焼けていると、藤井会長。大正生まれ、ふじい庭苑の会長は私と同じ京都生まれということもあって話も合い、いろんなことを教えてもらえます。


ys_niwaisi_5.jpg三又で、コンパスを開いては閉じるように少しづつ動かします。









ys_niwaisi_6.jpg半日がかりで庭の隅に仮置き完了!

【ふじい庭苑】さんととの久しぶりの作業でした。






posted by がは at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33794151

この記事へのトラックバック