2009年05月13日

『無趣味のすすめ』〜村上龍〜

musyumi.jpg結構、売れているらしいですね。村上龍さんの本もよく読んできましたが、これは今までのエッセイと同じスタンス、視点で書かれてあって、今までの本を(エッセイ集も含めて)読んでこられた方にはちょっと目新しさがないかもしれません。

以前より著作自体から何かしら状況に対する苛立のようなものが感じられ、こちらもそれを覚えるような気がします。それにしても装丁は簡素で(〜素っ気なく〜)、字も大きくて一瞬で読み終われます。
posted by がは at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29108218

この記事へのトラックバック